YouTubeボリュームブースター-YouTube動画を大きくする方法

YouTubeの音量が低い問題を修正します。

最終更新日:23年2021月XNUMX日 by ルーカス・シルバ


YouTubeの音量が小さい

一部のYouTube動画の音量が小さすぎて、はっきりと聞こえないことに気付いたことがありますか? あなたがvloggerである場合、アップロードされたビデオの声が十分に大きくないことに気づいたかもしれません。 音量スライダーを最大にドラッグするか、システムサウンドを最大レベルに回して、YouTubeの音量を上げてみた可能性があります。 これらの方法で問題を解決できない場合はどうなりますか?

YouTube動画を大きくするための実用的な方法をいくつか紹介します。

方法1.最高のYouTubeビデオボリュームブースター– Video Converter Ultimate

動画変換 究極 ユーザーフレンドリーなインターフェースと豊富な組み込み機能を備えた優れたビデオエディターです。 豊富なマスク、エフェクト、合成方法により、簡単にフィルムを作成できます。 シーン検出や再生速度制御などの他の機能は、ビデオをすばやく効果的に編集するのに役立ちます。 音量調整については、Video Converter Ultimateを使用すると、動画の音量を簡単に上げることができます。 それでは、詳細を見てみましょう。

aiseesoft-video-converter-banner

Winダウンロード
Macダウンロード
Winダウンロード
Macダウンロード

YouTubeボリュームブースターでYouTubeビデオを大きくする3つのステップ

手順1.少量のビデオをVideoConverterUltimateにインポートします
これを行うには、「ファイルを追加インターフェイスの「」ボタンをクリックするか、ファイルをインターフェイスの左上部分にあるフォルダアイコンにドラッグします。 このプログラムはほぼすべての主流のビデオフォーマットをサポートするのに十分強力なので、ビデオのフォーマットについて心配する必要はありません。
aiseesoft-ビデオコンバーター
ステップ2.ビデオの音量を調整する
次に、編集アイコンをクリックするだけです編集アイコン インターフェイスから編集ウィンドウに入ります。
オーディオ」タブには、いくつかのボリュームスライドバーが表示されます。 音量を上げるには、それらをドラッグしてオーディオの音量を調整するだけです。 片方のイヤホンからしか音が出ない場合はおかしくなることがありますので、左右チャンネルの音の設定にはご注意ください。

FAQ:YouTubeビデオに最適なオーディオレベルは何ですか?
YouTubeに適したオーディオレベル:

  • 音楽:-18dbから-20db
  • 効果音:-14dbから-20db。
  • 対話:-6dbから-15db
  • 全体的なミックスレベル:-12dbから-20db

ビデオ編集オーディオ

ステップ3.保存してエクスポート

音量を適切なレベルに変更した後、「OK"と"すべて変換」を使用して、ビデオをローカルに保存します。 さらに、インポートする前に、ビデオ形式を変更したり、ビデオをさらに編集したりできます。youtubeの出力形式


あなたも好きかも:
品質を損なうことなくYouTubeのビデオを圧縮する方法

方法2.オンラインYouTubeサウンドブースター:VideoLouder

YouTube動画をオンラインで後押しするのに役立つオンラインツールはたくさんありますが、オンラインツールを使用してローカル動画のボリュームを増やしたい場合はどうでしょうか。 たぶん、VideoLouderを試すことができます。 これは、ローカルビデオのボリュームを増やすのに役立つオンラインツールです。 VideoLouderを使用するには、VideoLouderの公式Webサイトにビデオをアップロードし、その音量を編集するだけです。 ただし、アップロードファイルの最大ファイルサイズは500Mに制限されています。 それでは、ステップでそれを使用する方法を見てみましょう。

オンラインYouTubeサウンドブースターでYouTubeビデオの音量を上げる方法

ステップ1。 VideoLouderの公式ウェブサイトに入り、ウェブページの中央にある入力ボックスの「参照」をクリックして、音量を変更したいビデオを見つけます。

ステップ2。 ビデオのサウンドを大きくするには、「音量を上げる」オプションを選択し、増やしたい適切なデシベルを設定します。

ステップ3。 クリックして "ファイルをアップロードする」をクリックしてアップロードを開始します。 動画のサイズや帯域幅の速度によっては、時間がかかる場合があります。

ステップ4。 ビデオがアップロードされると、VideoLouderは自動的にファイルを処理し、編集されたビデオファイルをダウンロードするためのリンクを表示します。 リンクをクリックすると、編集した動画ファイルをダウンロードできます。

VideoLouderを使用してPCにツールをインストールする必要はありませんが、アップロードとダウンロードに長い時間がかかります。 これとは別に、ダウンロードせずに変換されたビデオのボリュームを知ることはできません。 新しい動画の音量に満足できない場合は、もう一度アップロードしてオプションをリセットする必要があります。

方法3.ブラウザでJavaScriptを編集してYouTubeの音量を上げる

視聴しているオンラインYouTube動画の音量を変更したいが、今後は再生しない場合は、ChromeやFirefoxなどのWebブラウザで一時的にYouTube動画の音量を一時的に上げる簡単な方法を試すことができます。 以下に詳細な方法を示します。

まず、パソコンのChromeまたはFirefoxで対象のYouTube動画を見つけます。

次に、キーボードのF12キーを押すか、Webブラウザーの「開発者ツール」を見つけて、[コンソール]タブをクリックします。

次に、記号 '>'または '>>'の後に次のコードを貼り付けます。

var videoElement = document.querySelector(“ video”)

var audioCtx = new AudioContext()

var source = audioCtx.createMediaElementSource(videoElement)

var gainNode = audioCtx.createGain()

gainNode.gain.value = 2 //ボリュームをXNUMX倍にします

source.connect(gainNode)

gainNode.connect(audioCtx.destination)

最後に、Enterキーを押してコードを実行すると、YouTubeビデオが以前よりも大きく聞こえます。

ちなみに、gainNode.gain.value = 2の数値を変更できます//ボリュームを2倍から3以上の値に0.8倍にします。 もちろん、数値を0.5またはXNUMXに変更して、ビデオの音量を下げることもできます。

ただし、ウェブページを更新したり、YouTubeで別の動画を開いたりすると、音量は通常に戻り、コードを再度貼り付ける必要があります。

サマリー

プレーヤーまたはコンピューターの通常の音量調節スライダーを除いて、YouTubeビデオの音量を上げる方法はたくさんあり、上記のXNUMXつの方法すべてからXNUMXつを選択できます。 実際、ダウンロードせずにオンラインビデオの音量を永久に変更することはできません。 YouTubeで貴重な動画を見つけた場合は、最初にダウンロードして、プロのツールであるVideo ConverterUltimateを使用して音量を恒久的に上げることをお勧めします。

FAQ:多くのYouTube動画で音量が非常に小さいのはなぜですか?

YouTubeコンテンツのラウドネスの正規化

アップローダーが意図的に動画の音量を上げて注目を集める場合、また、動画の品質、全体的な総再生時間、ユーザーエクスペリエンスのために、YouTubeは音量を-12dbから-20dbに正規化します。 YouTubeの音量が低くなります。YouTubeオーディオの正規化

アップロード後にYouTube圧縮を「無効化/バイパス」したいですか? ここをクリックして学習してください 品質を損なうことなくYouTubeのビデオを圧縮する方法